ニキビ跡を完治させキレイに消す方法

サイトマップ

ニキビの治し方.infoでは、お金をかけることなく体質改善で体の芯からキッチリ治す方法を解説しています。

ニキビ跡を完治させキレイに消す方法

ニキビ跡がキレイに完治できない理由は、ずばり「ニキビ体質が改善できていない」からです。

薬でニキビを治そうとすると、ある程度は症状が軽くなりポツポツの発疹が小さくなったり数を少なくすることは出来るのですが、それはニキビができてしまう根本原因を解消していないので、いつまでたってもニキビ跡が残ることになります。

ニキビというのは、アクネ菌が皮脂を分解し、それによって生まれた脂肪酸が肌を刺激して炎症反応が起こっている状態です。

ポイントは3つで、皮脂を多く出し過ぎないこと・・アクネ菌を増殖させないこと(皮脂を酸化させないこと)・毛穴がつまらない(角層を厚くしない)ように肌の代謝周期を整えること・・・が大切です。新陳代謝(しんちんたいしゃ)やターンオーバーとも言われます。

ニキビ跡が消えない・・・ということなら、「皮膚が入れ替わっていない代謝の問題」が一番原因として可能性が高いです。

肌の代謝が悪いと、古くなった角層(皮膚の表面層)がたまっていくいっぽうで、固く厚くなってしまいます。凸凹のニキビ跡もそのまま残りますし、毛穴を詰まらせるので、皮脂や膿を出すことができず炎症が続くことになります。

そこで「じゃーとにかくたくさん洗顔すれば良い」と考える人がいますが、それは間違いです。たくさん洗い過ぎたりゴシゴシ強くこすってしまうと、そのぶん肌に与える刺激も強くなりますし、それに反応してさらに角層が固く厚く変化し、ニキビ跡はより頑固に残ってしまうのです。

代謝というのは体の中から高めるものです。

代謝に影響する要素は一つではありません。「食事・睡眠・運動・ホルモンバランス・ストレス・胃腸の状態などなど」たくさんの要素が影響します。

そして、そもそもニキビの原因である皮脂の出過ぎや細菌への免疫力にも、実は直接影響しているのです。

ニキビ跡をキレイに治して、それ以降新たなニキビを作らせないようにするためには、総合的に学んで体質改善や洗顔法を実践していく必要があるのです。

それができれば、高い費用や薬も要らないですし、副作用なく安心して続けられるのです・・

 >> ニキビ体質を根本からキッチリ治す方法の詳細はこちら

ニキビ跡の画像