• ニキビの原因に関する皮膚構造の知識

    皮膚は、角層や基底層からなる表皮と、その下の真皮、さらに下の皮下組織(ほとんどが皮下脂肪)という三層構造になっています。

    外側の表皮は、体の中で一番薄い目の回りでは厚さ0.7ミリくらいしかなく、血管は通っていません。ただし、神経は一部表皮内に入っていることが分かっています。

    この神経は、炎症が持続するとさらに増加することも分かっています。そして表皮は、基底層で作られるメラニン色素によって紫外線の悪影響から皮膚を守る役割など、重要な働きを果たしています。

    基底層で作られた表皮細胞は、有縁層で栄養補給をして分裂しながら徐々に押し上げられ、顆粒層を経由して、角層で最終的に垢となって、はがれ落ちます。

    その期間の目安は、だいたい4週間から6週間といわれています。普通は、こうしてターンオーバー「新陳代謝」を繰り返して、表面は汗と皮脂が混じり合った皮脂膜によってうるおいをキープし、皮膚は健康な状態を維持しているわけです。

    皮膚の真皮は、基底層に栄養や酸素を送り込む血管、神経、汗腺、皮脂腺、皮膚の弾力を保つコラーゲン線維などが存在する皮膚の中心部になります。

    ニキビの発生源となる毛包もそこにあります。毛包と皮脂腺はつながっているので、本来なら、分泌された皮脂は毛包を通って、皮膚表面に開いた毛穴から排出される構造です。

    しかし、新陳代謝が悪かったり洗顔法が悪かったりして毛穴がふさがれて、毛包内に皮脂がたまってしまうと、ニキビが発生するわけです。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!