• ニキビの原因になる皮脂は毛穴の構造とホルモンバランスでたまりやすくなる

    ニキビの発生する場所となるのは「脂腺性毛包」と呼ばれる毛包です。つまり毛穴なんですが、脂腺性毛包は管が太くて短いうえに、毛が細く短いため、皮脂がどうしてもたまりやすくなる構造です。

    そして、つながっている皮脂腺が大きく、さらに数が多いので、毛包に入ってくる皮脂の量そのものも多く、ニキビができやすい条件がたくさんそろってしまうわけです。

    よく「オイリー肌の人がニキビができやすい」と言われる理由は、皮脂腺が発達しているので、皮脂の分泌量が多いからです。

    そしてホルモンバランスがこの皮脂腺に影響を与えます。男性ホルモンには、皮脂腺を発達させ、皮脂の分泌を促進する働きがあります。

    結局は、皮脂の分泌量が増えれば、毛穴は目づまりを起こしやすくなりますし、その皮脂を栄養源にしているアクネ菌の増殖を招き、ニキビができやすくなるわけです。

    このニキビの発症と深く関わりがある男性ホルモンは、男性の場合は睾丸と副腎皮質から、そして実は女性も卵巣と副腎皮質から分泌されています。意外にも女性の体内にも、本来あるものなのです。ですので思春期にニキビができやすくなるのは、このホルモンのバランスが崩れやすいからなんです。

    実際に思春期にニキビができる女性は、血液中の男性ホルモンの値が高く、皮脂分泌の増加に影響していることも判明してきました。

    さらに、20代以降の女性の大人ニキビが、アゴの下やフェイスラインなど、男性のヒゲが生えるのと同じ場所にできるのは、男性ホルモン受容体の密度が濃いから・・という見解もあります。

    そして、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが高まる時期(排卵から生理までの二週間)は皮脂の分泌量が多くなるために、そのタイミングでニキビができやすい女性が多いのです。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!