• ニキビの進行は4つの段階で進みます

    1、角栓(コメド)
    皮膚の毛穴に皮脂や角質がつまってしまい、小さくもりあがった状態をいいます。ちなみに、化粧品に記されているノンコメドジェニックというのは、この角栓ができにくい処方という意味のものです。

    そして角栓には、白ニキビと呼ばれる毛穴が塞がった状態と、黒ニキビと呼ばれる毛穴が開いて中央が黒い状態、の二種類が存在します。

    これはどちらも、この段階ではまだ炎症を起こしていませんので、放置しても自然に治ってしまうこともありますが、だんだん悪化してしまう場合も多いです。

    2、発疹
    先ほどの角栓に、さらに皮脂がたまって炎症を起こし、赤くなったニキビをいいます。まずは腫れてポツンと大きくなり、活性酸素によって皮脂の酸化がさらに進むと、炎症が肌の深部や周囲に広がっていき、痛みもともないます。

    3、膿疱
    発疹がさらに悪化し、化膿した状態です。つまり膿んだ状態です。過酸化脂質もさらに増え、炎症が進むため、赤みが強くなり、腫れて熱を持つ場合もあります。ふくらみの中心が白っぽく見えるのは、膿が溜まっているものです。こうなると、自分でつぶしたくなるのですが、ニキビ痕を残す原因になってしまうので、やってはいけません。

    4、膿腫
    これが一番やっかりですが、皮膚の深い部分にできて、固いしこりのようになるニキビです。痛みもともないますし、治るのに結構な時間がかかります。この段階まできたら、自己流ケアは絶対にいけません。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!