• ニキビの発生源となる脂腺性毛包は、毛穴近くの上部の内側の角質が厚くなりやすい「角化異常」と言われています。

    厚くなった角質によって毛穴がふさがれてしまうと、皮脂が出づらくなり、毛包いっぱいに皮脂がたまってしまうと、白く盛り上がってきます。これがニキビの初期段階のコメドの状態です。

    そして、そのようにニキビができやすくなる毛包の角化異常が起こる原因には、さまざまな説があります。

    ①毛包にたまった皮脂の中で、増殖したアクネ菌が放出する刺激因子が、毛包の壁を刺激するため。

    ②アクネ菌が、皮脂の成分であるトリグリセリドを分解するために生じる遊離脂肪酸が、毛包の壁を刺激するため。

    ③毛包の壁は薄く、刺激因子による刺激を受けやすい構造であるため。

    毛穴をふさぐ厚くなった角質細胞は、固着性ではがれにくい特性を持っているんです。普通なら、古くなった細胞から順にはがれ落ちていくはずの皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が上手くいかずとどまっている状態になり、それを貯留角化と呼びます。

    ニキビができやすい人は、この毛穴付近の角化異常が起こりやすい遺伝的素因があるとも考えられています。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!
  • 1、角栓(コメド)
    皮膚の毛穴に皮脂や角質がつまってしまい、小さくもりあがった状態をいいます。ちなみに、化粧品に記されているノンコメドジェニックというのは、この角栓ができにくい処方という意味のものです。

    そして角栓には、白ニキビと呼ばれる毛穴が塞がった状態と、黒ニキビと呼ばれる毛穴が開いて中央が黒い状態、の二種類が存在します。

    これはどちらも、この段階ではまだ炎症を起こしていませんので、放置しても自然に治ってしまうこともありますが、だんだん悪化してしまう場合も多いです。

    2、発疹
    先ほどの角栓に、さらに皮脂がたまって炎症を起こし、赤くなったニキビをいいます。まずは腫れてポツンと大きくなり、活性酸素によって皮脂の酸化がさらに進むと、炎症が肌の深部や周囲に広がっていき、痛みもともないます。

    3、膿疱
    発疹がさらに悪化し、化膿した状態です。つまり膿んだ状態です。過酸化脂質もさらに増え、炎症が進むため、赤みが強くなり、腫れて熱を持つ場合もあります。ふくらみの中心が白っぽく見えるのは、膿が溜まっているものです。こうなると、自分でつぶしたくなるのですが、ニキビ痕を残す原因になってしまうので、やってはいけません。

    4、膿腫
    これが一番やっかりですが、皮膚の深い部分にできて、固いしこりのようになるニキビです。痛みもともないますし、治るのに結構な時間がかかります。この段階まできたら、自己流ケアは絶対にいけません。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!
  • ニキビの発生する場所となるのは「脂腺性毛包」と呼ばれる毛包です。つまり毛穴なんですが、脂腺性毛包は管が太くて短いうえに、毛が細く短いため、皮脂がどうしてもたまりやすくなる構造です。

    そして、つながっている皮脂腺が大きく、さらに数が多いので、毛包に入ってくる皮脂の量そのものも多く、ニキビができやすい条件がたくさんそろってしまうわけです。

    よく「オイリー肌の人がニキビができやすい」と言われる理由は、皮脂腺が発達しているので、皮脂の分泌量が多いからです。

    そしてホルモンバランスがこの皮脂腺に影響を与えます。男性ホルモンには、皮脂腺を発達させ、皮脂の分泌を促進する働きがあります。

    結局は、皮脂の分泌量が増えれば、毛穴は目づまりを起こしやすくなりますし、その皮脂を栄養源にしているアクネ菌の増殖を招き、ニキビができやすくなるわけです。

    このニキビの発症と深く関わりがある男性ホルモンは、男性の場合は睾丸と副腎皮質から、そして実は女性も卵巣と副腎皮質から分泌されています。意外にも女性の体内にも、本来あるものなのです。ですので思春期にニキビができやすくなるのは、このホルモンのバランスが崩れやすいからなんです。

    実際に思春期にニキビができる女性は、血液中の男性ホルモンの値が高く、皮脂分泌の増加に影響していることも判明してきました。

    さらに、20代以降の女性の大人ニキビが、アゴの下やフェイスラインなど、男性のヒゲが生えるのと同じ場所にできるのは、男性ホルモン受容体の密度が濃いから・・という見解もあります。

    そして、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが高まる時期(排卵から生理までの二週間)は皮脂の分泌量が多くなるために、そのタイミングでニキビができやすい女性が多いのです。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!
  • 皮膚は、角層や基底層からなる表皮と、その下の真皮、さらに下の皮下組織(ほとんどが皮下脂肪)という三層構造になっています。

    外側の表皮は、体の中で一番薄い目の回りでは厚さ0.7ミリくらいしかなく、血管は通っていません。ただし、神経は一部表皮内に入っていることが分かっています。

    この神経は、炎症が持続するとさらに増加することも分かっています。そして表皮は、基底層で作られるメラニン色素によって紫外線の悪影響から皮膚を守る役割など、重要な働きを果たしています。

    基底層で作られた表皮細胞は、有縁層で栄養補給をして分裂しながら徐々に押し上げられ、顆粒層を経由して、角層で最終的に垢となって、はがれ落ちます。

    その期間の目安は、だいたい4週間から6週間といわれています。普通は、こうしてターンオーバー「新陳代謝」を繰り返して、表面は汗と皮脂が混じり合った皮脂膜によってうるおいをキープし、皮膚は健康な状態を維持しているわけです。

    皮膚の真皮は、基底層に栄養や酸素を送り込む血管、神経、汗腺、皮脂腺、皮膚の弾力を保つコラーゲン線維などが存在する皮膚の中心部になります。

    ニキビの発生源となる毛包もそこにあります。毛包と皮脂腺はつながっているので、本来なら、分泌された皮脂は毛包を通って、皮膚表面に開いた毛穴から排出される構造です。

    しかし、新陳代謝が悪かったり洗顔法が悪かったりして毛穴がふさがれて、毛包内に皮脂がたまってしまうと、ニキビが発生するわけです。

    >> ニキビを体質改善でキッチリ治したい方はこちら!