ニキビに良い化粧水の条件を解説

サイトマップ

ニキビの治し方.infoでは、お金をかけることなく体質改善で体の芯からキッチリ治す方法を解説しています。

ニキビに良い化粧水の条件を解説

ニキビに良い化粧水はあります。「脂っぽい肌だから化粧水での保水は要らないのでは・・」と思われるかも知れませんが、そうではないのです。

保水ができていないから脂で補おうとする作用も働きます。そして、余分な脂は落とさないと炎症(ニキビの原因)を起こす脂肪酸を作ってしまうので脂をきっちり落とします。

そこでカサカサにしてしまうと、雑菌が繁殖しやすくなるので、化粧水の保水でバリアー機能を持たせないといけません。

ニキビに良い化粧水は、ポツポツの発疹ができにくい「ノンコメドジェニック処方」であるほうがいいです。そして、化粧水もファンデーションもそうですが、UVカットの場合は、紫外線吸収剤を含まないほうが良いです。

その理由は、肌によけいな刺激をあたえないことと、毛穴がふさがれてしまうことを避けるためです。

ファンデーションは、ニキビの原因になる皮脂の酸化や毛穴の詰まりが少ないものが多くなっていますが、それでもやっぱりファンデーションが皮脂と混ざり合うと毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。

長時間の放置は絶対にしないで、ニキビに良い化粧水を含ませたコットンでこまめに拭いてファンデを付け直すなど、メンテナンスをしっかりしましょう。

ニキビに良い化粧水の条件は、酸化を防いでくれるビタミンC配合が良いですし、質の良いアルコールが適量含まれていて皮膚の洗浄効果が高いサッパリタイプの化粧水がニキビ対策には良いです。

お化粧をした後は長時間放置しないで、こまめにニキビに良い化粧水入りコットンで拭いてメンテナンスはしてほしいのですが、やり過ぎやゴシゴシ・・はいけません。

刺激がニキビの炎症を悪化させますし、皮膚の角質層が固く厚く変質してしまい、よけいに毛穴が詰まりやすくなってしまいます。そして凸凹のニキビ跡も残りやすくなります。

ここでは化粧水のお話をしましたが、ニキビができやすい体質を根本的に改善することが大前提です。「食べ物・飲み物・睡眠・運動・ホルモンバランス・胃腸の調子・洗顔法・寝相や衣類などなど」の生活習慣すべてがニキビの原因になってしまうので、それをしっかり学んで治していきましょう。

ニキビ治療は、薬や通院の必要はなく、自分で安全にお金をかけずに治すことができるのです・・

 >> ニキビ体質を根本からキッチリ治す方法の詳細はこちら

ニキビ跡の画像